カテゴリ:odekake( 9 )

あけぼの子どもの森公園

a0061839_13512269.jpga0061839_13474238.jpg










↑ムーミンの家にも入れる。ムーミンの家の中はこった作りで大人も楽しめますよ。
つり橋も渡れる~。
オススメ!しかも入場無料。
[PR]
by numero_cinq | 2011-03-09 14:00 | odekake
a0061839_21145977.jpg


念願のカプリ島に!
去年からの「渾身の」念力が通じたか。
憧れの地中海の島。
毎日暑かったけど、風景や食べ物に新鮮な感動が。
おばあちゃんの店番のゆるさ加減もまた良し。
もっと、色んな所に旅をしてみたい。
[PR]
by numero_cinq | 2008-07-06 21:15 | odekake
a0061839_2345286.jpg

休日、さくらんぼ狩りに行く。
あんなにさくらんぼを食べたのは、たぶん生まれてはじめて。
高い枝のところは三脚に登ってパクパクたべる。
夢中で30分食べ続ける。
さくらんぼ狩りって、楽しいです。
[PR]
by numero_cinq | 2007-07-13 23:09 | odekake
あさ 玄米焼きおにぎり、わかめスープ、グレープフルーツ緑茶
ひる 豆スープ、パン、サラダ
おやつ 紅茶・ピスタチオクリームとイチゴと紅茶ゼリーのタルト

a0061839_9324791.jpg昨日・今日は休みで、昨日はかもめ食堂とういう映画を見にいった。面白い映画だった。みんな、なんとなく寂しいんだけど根底のところで、どこかしんみりしきれない、みたいな感じが見ていて気楽になる。
何度も見返すほど好きな映画に海辺のレストランというのがある。その中に、捨て子ならぬ、捨てられ老婆のおばあちゃんが出てくる。取立てに追われる家族に、鞄一つで置き去りにされ、挙句その鞄さえ無くしてしまう、というけっこうドン底人生のはずなのに、当の本人は、どこかしんみりしない。パフェをがっついて、ダダをこねたり。
そこが大好き。

「どこかしんみりしきれない感じ」というのは、持ち重りする湿度がないというか、持ったら内は案外カラカラで軽かったのね、みたいな感じ。
すごく深刻になりそうな事態や、自分の思い込みが深みにはまりそうな時、目の前の巨壁にビビって動けなくなりそうな時は、できるだけそういうイメージを思い浮かべようとおもう。
そうすると、落ちきる前にフッと浮上できるきがするから。
映画の帰り、マリアージュ・フレールという紅茶のお店で、お茶をのんだ。
学生の頃にあった、京都のBALに入っていたマリアージュフレールも素敵だったのを思いだす。
[PR]
by numero_cinq | 2006-04-05 09:38 | odekake
あさ 自家製角食パン(発酵バタつき)、ラテ、水切りヨーグルト
おやつ1 マカロン(アプリコット・ピスタチオ)
ひる ホットケーキ、珈琲
おやつ2 カフェオレ、tofuとあづきケーキ(あづきソース)
よる 菜の花のおひたし、あさり味噌汁

a0061839_22451342.jpg「死ぬ前に最後に食べたい物は何か」というベタな話題になって、即座にホットケーキ。と思った。そしてそれには「香咲の」という副詞がつく。その「香咲のホットケーキ」を久々に食べた。今回は葉っぱの絵が描いてあるお皿に載ってきた。ので、なんか葉っぱが添えてあるみたいに見えるけど、実際に添えてあったのは、いつもどおりのバターとホイップクリームと容器いっぱいのシロップ。運ばれてきて一口たべるまでに、バター塗ったり、ホイップつけたり、シロップかけたり、一口大に切ったり。その一連の作業中、はっきりいってアタマは真っ白で、きっと鼓動も早くて、完全に「のぼせている」にちがいない。最後に食べたいけど、もしそんな状態で血圧があがって一口を目前に一口も食べれずに死んでしまったら。とか考えると、けっこうリスキーなチョイスなのかも。だったら無難に、すぐにかじりつける「はちみつバタートースト」あたりにしておくべきなのか。いや、しかしそんな事を一瞬でも本気で考えている自分に不安を感じてみたり。
まあ、そんなヘにもならないハナシはさておき、今回はるばる都内に出たのは、京都から来た友達に会うのと、恵文社オルネドフォイユに来るというので。恵文社は言わずもがな京都の素晴らしい本屋さんで、オルネドフォイユは東京のフレンチーで素敵な雑貨やさん。でも改めて、恵文社は京都のあの場所にあってこそだと思ったのでした。その後、Zakkaに寄ったら佐々木美穂さんが個展をしていて、本人が居た!ものすごく素敵な人だった。熱い思いが漲ったけれど、何なのかは分からず。40歳になってあんなんで居られたら、すごい事だ・・・
あとはAnnon cookでお茶をして帰ってくる。またも甘いもの・・・途中、こりずにピエール・エルメのマカロンも買い食いしたのに。さすがに、帰ってから身体危機を感じて青いモノなど食べてみる。無駄なあがきなんだろうけど。
[PR]
by numero_cinq | 2006-03-30 22:53 | odekake
あさ トースト、珈琲
ひる 炊き込みごはん、大根・にんじん・菜の花の粕煮、さつまいものかき揚げ、
    ごま豆腐、車麩の赤だし(なるとやで昼ごはん)
おやつ カフェ・クレーム、レーズンサンドクッキー(ディモンシュにて)

a0061839_951817.jpg

懐かしい木。
鎌倉の裏路地の民家に、たわわに実る夏みかん。



約一年ぶりで、鎌倉に行ってきた。複雑な気持ちで以前働いていたお店にも寄ってきて。一緒に行った友達は、和やかで楽しそうな職場だと思ったらしい。たしかに。今となっては、和やかな空気しか漂わない。そういうものだと思う。粉まみれ汗まみれ、怒鳴られながら、半べそで働いていた。永遠に続くかと思われた日々は、当たり前だけど過去になった。過ぎてしまえば、良いことも悪いことも流れてゆくんだと。しみじみ。
そして、やっぱり鎌倉、好きだ。


a0061839_9295275.jpg念願のオーロラシューズ入手。
鎌倉といえばオーロラシューズ。
ホントに勝手な妄想。
[PR]
by numero_cinq | 2006-02-07 09:39 | odekake
a0061839_15462318.jpga0061839_15465253.jpg
















大好きなcicouteに行ってきた。
並んで入る、って事には抵抗があるけど。
他の人待ってるし、早くでなきゃな~とか思うのも微妙なんだけど。
やっぱり憧れの場所。
ハチミツバターとハムチーズにして友達と半分づつ食べた。
おいしいねえ、って分かち合う事はステキだ。
夜はパン屋の先輩に会ってパンの話しをしつつプチ忘年会。
がつがつパンの話ができて、話しがつきなくて名残おしかった。
印象に残ったのが、グルテンって形状記憶装置のようなもの。だと。
うーん。なるほど。やっぱり私は絶対数、経験が足りないなあ。と思ったのです。
写真は、恵比寿にあるちょっと素敵な雑貨屋さんの入り口。
あとプジョーのモペット。かっこいいなあ。
今年も本当にあとわずか。
来年は、色んな事が動き出す年だと思う。
がんばる、とかもう言わない事にする。できるだけ。
自分にできる事をしっかり(あと、姿勢矯正!)

良いお年を。
[PR]
by numero_cinq | 2005-12-29 15:54 | odekake
あさ 野菜スープ、くるみパン、カフェオレ
ひる 玄米カレー、ジャスミン茶
おやつ かぼちゃプリン、珈琲(ブラジルブレンド)
よる 鶏肉と卵の煮込み、ほうれんそうのおひたし、ごはん、味噌汁

a0061839_2238531.jpga0061839_22383329.jpg今日は友人がはるばる久里浜からやってきて、宇都宮→黒磯に行ってきました。
宇都宮のATRIER NO.18 TRAVAILLEを見て、musica rismoで昼ごはん。下の階の雑貨&家具を物色して黒磯へ。musica rismoは、じつは私も初めて行ったのだけど、良い感じでした。


黒磯に着くと、やはり寒さがとがっていました。目的は言わずとしれたSHOZOワールドです。「ストーブとその上のやかん」が似合う町だなあ、と妙な感想を抱きつつSHOZOのいくつかのお店を回りました。そして珈琲とおやつと雰囲気をゆっくり味わって帰ってきました。
ほんとうに久々に会った大好きな友達は、相変わらず素敵で、ずっと会っていなかったのに話しは尽きることなく、楽しい時間が過ぎました。なかなか会えないけれど、大好きな人達がたくさん居ます。遠くにいたり、都合が合わなかったり。でも皆、会えばすぐになじむことができて、またすぐに会えそうな気がします。そういう関係が、切なくも有難く大切に思えるこの頃です。
写真は、私から贈った自家製くるみパンと、お土産にもらったマッターホーンのクッキー!なんで分かったの!?ってくらい嬉しいお土産でした。
[PR]
by numero_cinq | 2005-12-09 22:48 | odekake
あさ くるみパン、エスプレッソコンパナ
ひる キッシュ、サラダ、にんじんポタージュ、珈琲
おやつ ドーナツ、カフェオレ
よる えびとか、なべとかetc.

今日は、はるばる遠征。葉山まで。manimaniで昼を食べ、歩いてhacoというギャラリーへ。そしてcoyaでお茶。行きたいところにいける幸せは大きいな、と実感しました。coyaは営業時間が大幅に変更されていて、思いがけず行けたので大満足。いつか、あんな場所を作りたいと思いました。たとえそれが公でなくてもよいので。
夜は、久々な人々と会う。月日はながれて。みたいなのをしみじみ感じました。
今年ももうすぐ終わりです。

a0061839_8215547.jpg
これは、おとといつくったパン。くるみ、いちじく入り。
砂糖5%のストレート。
見た目は大満足なんだけど、食べてみると焼きが甘い感じ。というか、先日のパン屋さんの自家酵母パンを食べた後だったので、自分パンの未熟さを思い知らされる結果に。年月が解決してくれるんだろうか。
[PR]
by numero_cinq | 2005-12-04 08:26 | odekake